選ばれている理由とは

男性弁護士

大阪はエリアによっては人口密度が高く、交通事故に巻き込まれるリスクが高いです。その上、府民は良くも悪くもルーズなところがあるので、事故の処理が難航することは珍しくありません。その結果、治療費の支払いが途中で途絶えてしまったり、加害者からの賠償額が低くかったりと好ましくない状況になるケースが多いのです。弁護士に依頼すると、そのような場合でも適切に対応してくれるのが大きなメリット。しっかりと治療費を受け取れるように配慮してくれる他、慰謝料や損害賠償の額も、個人や保険会社が交渉するより高額になるケースが多いと言われます。弁護士を通せば交渉に応じない相手や、高圧的な態度をとる加害者に対しても適切に働きかけてくれるため、安心感があるでしょう。

損失を防ぎ補償を最大化できる

相談

大阪で交通事故に遭った時、問題になるのが休業などによって損失が出るのと、充分な補償が受けられないケースが目立つ点です。いずれも被害者にとっては望ましいものではありませんが、弁護士がいるとリスクを回避するために働きかけてくれます。まず休業損害ですが、こちらは適切な金額を請求できるように配慮してくれるのが安心材料です。怪我によって仕事ができないわけですから、その分はしっかりと補償を受け取りたいもの。労働者だけはなく、専業主婦であっても請求する権利があります。また、弁護士は慰謝料相場についても詳しいため、入院や治療にかかった費用を正確に算定し、有利な条件で相手に請求できるのも魅力です。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中